Lifeclip

川原裕也(@yuya_q)のブログ

2012年01月11日

会社を作りました(ニート → 個人事業主 → 会社設立に至った話)

株式会社クートン

2012年1月5日に株式会社クートンという会社を設立し、代表取締役に就任しました。
個人事業主からの法人成りなので、会社といっても現在は自分だけの一人会社です。

会社設立はただの通過点ではあるものの、一つの節目となるので、会社設立に至るまでの4年間を振り返りながらまとめてみたいと思います。

個人事業主になったこと

私は4年前、2年2ヶ月のあいだ無職状態でした。
ずっと家に引きこもり、朝から晩までパソコンと向かい合う生活をしていました。
世間で言う「ニート」でした。

人生の中でも大切な20代を棒に振ってしまったという実感はありますが、それが反面教師となって今のモチベーションに繋がっているようにも思います。

個人事業主になろうと思ったきっかけは、当時、無職でありながら、インターネットを通じてまとまった収入が得られるようになっていたからです。(と言ってもアルバイト以下の収入でした)

一定金額の収入があるのに確定申告をしなければ「脱税」になりますし、「白色申告」だと多くの税金を払わなければいけません。

調べてみると、青色申告をすれば、支払う税金も少なくできますし、個人事業主になれば「ニートから一転して自営業と名乗れてしまう」ことを知ったからです。

来年は収入が増えるかもしれないし、減ってしまうかもしれないという不安を抱きつつも、結局「ただの勢い」で個人事業主になることを決めました。

個人事業主」という人生の選択肢があることを知ってから、税務署に開業届を提出するまで1ヶ月もかかりませんでした。

失敗したらその時に考えればいいや
そんなことより明日からニートを脱出して、一夜にして経営者になれるぞw
それぐらい軽い気持ちでした。
(一生懸命仕事をして独立に至った有能なフリーランサーの方には申し訳ないぐらい、本当に適当な動機でした…)

こうして私は2010年1月から個人事業主として人生を送ることになりました
しかし、これが自分の中で人生を変える大きな転機となりました。

無職の人にお勧めしたい個人事業主

無職」から「個人事業主」になるのは簡単です。
所得税の青色申告の承認申請書」を1枚提出すればそれだけで「自営業者」になれます。(開業届は別に出さなくてもいいらしい)

白色申告でもよければ、何も提出する必要はありません。
自分が「自営業」と名乗った時点で自営業者になれます。

手続きの上では簡単ですが、気持ちの上では職業「無職」から職業「自営業」になることは大きいです。

個人事業主になるもう一つのメリットは、自分のやりたいことすべてが「事業」と言い切れることです。

多くの人が「こんなことをやってみたい。」と思っていながら実行に移せず終わってしまいます。
しかし、自営業者になれば原則的には「儲かる」か「儲からないか」の判断基準で、どんなことでも「立派な事業」として全力で取り組むことができます。

一般的に「独立する」という行為は簡単そうに見えて難しいものだと思います。いい会社に入って、その中でもトップの成績を収めて、そこからさらに独立の意思がある人が自営業者になれる。そんなイメージですよね。

しかし、何の知識を持っていなくても、すでに誰にも責められず、捕われない生活を送っている無職の人やニートの人は、ある意味では自営業へのステップを踏み出しやすい位置にいると言えるのかもしれません。

1年目

個人事業主として私が最初に決めた目標は「1年で廃業しないこと」でした。
まずは1年、生き残ることを最優先しようと思いました。

正直な話、どんな種類の税金があるのかも、帳簿の付け方もわからないまま個人事業主になりました
一つずつネットで調べながら事業を運営し、時には税務署に電話で質問をして税金のことを教えてもらいました。

よく、友人に「個人事業主になれるってすごいな」とか言われますが、決してそういうことではなくて、とりあえず一歩踏み出してから次の事を考えるようにしただけです。
(振り返ると、1年目の帳簿はありえないぐらいめちゃくちゃでした…)

私は昔から、常に前向きで、どんなことにも積極的にチャレンジするようなタイプではありませんでした。むしろネガティブで自己評価の低い後ろ向きな性格でした。

しかし、個人事業主になった頃から、友人や家族など周りの反応も変わってきたように思いますし、「1年で廃業しない」という目標が達成できたことで、仕事をすることが楽しく感じられ、前向きな性格に変わってきました。

現在無職だったり、ニートだったり、人生がうまくいっていないと感じている人は、「とりあえず個人事業主になってみる」ことで、何かのきっかけを見つけられるかもしれません。

本当に簡単な手続きで開業できるにもかかわらず、自営業者になることで得られるモチベーションはとても大きいです。

個人事業主になる上で、なにかわからないことがあれば、ブログのコメントや@yuya_qに連絡をくれれば、何かアドバイスできることがあるかもしれません。
(お気軽にお声がけください^^)

実はすぐに法人化を考えたけど見送った

個人事業主になると決めて全力で走った結果、廃業どころか1年目の私の収入は20倍以上になりました。1年目で予想以上の結果が出たため、私はすぐに「法人化(会社設立)」を考えました。

私の場合は、「法人としか取引してくれない会社があったから」というのが法人成りを考えた理由でした。

しかし、まともな学歴も職歴もない私に、ビジネスや経営の知識は一切ありません。
経営に関しても素人、ビジネスに関しても素人、帳簿の付け方もよくわからない状態で「廃業しないこと」だけを目標に1年間走ってきた状態です。

悩んだ末に、結局2011年の法人化は見送ることにし、個人事業主としての2年目の目標は、「法人化を見据えて少しでもレベルアップするために勉強すること」に決めました。

実はビビって2年目の法人化も見送りかけた

「税制改正大綱」や「納税義務の免除」などの動向に注意しながら「法人化するのは2012年がベストだ」と判断しました。
しかし、そのような自分の期待を見事に裏切ってくれたのが「東日本大震災」です。

震災によって多くの税制改正が行われ、法人化に対する私の見通しは、驚くほど悪くなっていきました。(例えば消費税が引き上げが発表されたり、法人税の引き下げが見送られたりした)

国民の負担が増えるということは、それだけ日本がピンチだということです。
そのような状況では、会社を作ったとたん、あっという間に倒産に追い込まれてしまう危険性もあります。

一転して、
2012年に法人化するのはとても不利なんじゃないか?
そんなに焦らなくても、もう一年見送って様子を見た方がいいんじゃないか?
と考えるようになりました。

それでも会社を作った理由

しかし、会社設立をまた1年見送ることは「意思決定を1年遅らせる」ことと同じです。
個人事業主として3年目を経験する」ことと「1年でも早く法人化して会社経営を経験する」ことでは、今の自分にとってどちらが大切かを考えました。

私は日々、日本の会社や政治は「決定が遅い」、「保守的」、「勢いがない」と感じています。
これは多くの人が感じていることだと思います。

正直な所、売上や利益面で考えると現時点では「法人化を考えても良いけどまだ少し速い段階」だと思っています。
しかし、1年も前から法人化を見据えて準備してきたにもかかわらず、尻込みしてまた1年見送るのは、「自分も結局、他の会社や政治と何も変わらない」と思いました。

それに、震災で日本が勢いを失っていて、一部では「もう日本は終わった。」と言われている状況だからこそ、次のステップへ踏み出せるチャンスを持っている自分は、次の一歩を踏み出すべきではないか?とも思いました。

結局、ニートから個人事業主になった2年前と同じで、今回もまた「勢い」で法人化に踏み切ることを決意しました。

私には何の実力も経験も下積みもありません。
ビジネスなんてまったくの未経験でいきなり経営者となり、右も左もわからない状態から2年間の個人事業を経て、会社を作った未熟者です。

しかし、現在は、
まだ28歳だし、もしも1年で倒産したらまた最初からやり直せばいい
実力や経験は会社を経営しながら身につけていけばいい
という楽観的な発想になっています。

結局、個人事業主から会社設立を決めた今回も、ニートから個人事業主になった2年前と同じです。

振り返ってみると、この数年間で自分を成長させてくれたのは「勢い」だけだった気がします。
しかし、この「決定の速さ」、「リスク思考」、「勢い」は、多くの日本企業や政治に最も欠けているものではないかと思います。

自分のミッション

最初は1円の収入もない状態から、とにかく生活費を稼ぐことを考えて個人事業になりました。
それからは、とにかくお金を稼ぐことを目標に頑張ってきました。

しかし現在は、自分が成長することで、自分の周りにいる人や、自分に関わった人を少しでも幸せにできる仕事がしたいと感じています。

自分が頑張ることによって生み出されたエネルギーは、池に石を投げ込んだ時にできる「波紋」のように広がり、多くの人に良い影響を与えることができると思っています。

ニートだった自分が経営者になることで、私の両親や親戚は喜んでくれるでしょう。

自分の頑張りを見せることで、同世代の友人や周りにいる人達にも活力を与えることができるでしょう。

ただのニートだった自分の成長や前向きな行動、そして成功に至る過程や方法論をインターネット上で発信していくことで、多くの人に元気や勇気を与えることができ、それはやがて、少しでも日本を良い方向に向かわせる力になれるかもしれません。

これは、何も秀でたものを持っていない、どこにでもいるごく普通の人間(むしろそれ以下)である自分だからこそできるミッションだと思っています。

数年前まで何の経験もなく、何も持っていなかった自分の人生は短期間で大きく変わりました。
24歳で引きこもりのニートとなり、まともに就職した経験もなかった私は26歳で起業し、28歳で会社を作ることができました。

僕は今回の会社設立をきっかけに、これからさらに頑張っていこうと思います。
やりたいことが実行に移せていない人、人生を諦めかけている人も、今日から僕と一緒に頑張ってみませんか??

踏み出した一歩は小さいですが、それが少しでも多くの人の力となり、社会への貢献に繋がっていくことができれば幸いです。

株式会社クートン
http://qooton.co.jp/

この記事へのコメント

この記事では、以下のコメントをいただきました。
(現在はコメント欄は閉鎖しています。)

コメント件数 [25件]

はじめまして。無職の佐竹と言います。
ときどきブログを読ませていただいておりました。
今日の記事は何故か勇気をもらえました。川原さんは実際具体的にどんな仕事で稼いでいるのでしょうか
もしよかったら教えてください・

satake | 2012年1月11日 22:03

コメントありがとうございます。
少しでもお役に立てたのなら、大変嬉しく思います^^

私は現在、主にインターネット広告を扱った仕事をしていて、「ネット上の宣伝屋さん」みたいな感じです。

具体的には、アフィリエイト広告やアドネットワーク広告、個別に広告掲載の依頼を受けたりしながら稼いでいます。

佐竹さんが現在の「無職」に対してどう据えているのかはわかりませんが、①負わなければならない責任がなく、②時間がたっぷりあり、③新しいことを始めやすい環境であり、④大きく変化するチャンス。というように前向きにとらえれば、何かしらのモチベーションに繋がるかもしれません。

管理人 | 2012年1月11日 22:28

返信ありがとうございます。
うまくいくかどうかは、わかりませんが、失う物はありませんし、ちょっと頑張ってみようと思います。
無職の僕ですが、少しでも親を安心させられたらと思います。
これからもブログ楽しみにしてます。
ありがとうございました。

satake | 2012年1月14日 08:55

個人事業主であれば、借金さえしなければ基本的に必要な維持費は0円なので、気軽にチャレンジしてみてください。

satakeさんは現在無職とのことですが、サラリーマンとの掛け持ちで「日曜起業」してもいいと思います。

こちらの記事(https://lifeclip.org/diary/40.html)にも書きましたが、借金をしなくても始められるお金の稼ぎ方って結構あるものです。

お互い頑張りましょう!

管理人 | 2012年1月14日 09:43

はじめまして。

現在ニートで、アフィを始めて3ヶ月ぐらいの者です。

個人事業主になるタイミングは、確定申告が必要になった
時点がおすすめということになるのでしょうか?

ネコ助 | 2012年2月28日 14:37

ネコ助さん
コメントありがとうございます。

まず最初に、ニートのままでいるか、個人事業主になるかという話ですが、これはネコ助さんのモチベーション次第です。

個人事業主になるには維持費はかかりません。
なので、たとえ利益が1円も出ていない状態でも、開業届を出してしまって個人事業主になっても構わないと思います。

次に、個人事業主は大きく分けて2種類あります。
青色申告と白色申告です。

白色申告は、確定申告の手続きが簡単ですが、節税メリットは少ないです。

青色申告は、確定申告の手続きが面倒ですが、節税メリットが大きいです。

なので、現在まったく利益が出ていないのであれば、選択肢としてはニートか個人事業主(白色申告)。

ある程度まとまった利益(たぶん年間100万円ぐらい)が出るようになれば、手続きは面倒でも、個人事業主(青色申告)として活動した方が税金面でお得なのでおすすめですよ。という話です。

管理人 | 2012年2月28日 16:01

噛み砕いて説明していただいたおかげで、とてもよく理解できました。

今年は白色で、来年は青色を狙うのもありかなと感じました。

この記事、とても良い影響を受けました。管理人さん、ありがとうございました!

ネコ助 | 2012年2月28日 18:05

はじめまして
偶然見つけましてご質問させていただきたく
よろしくおねがいします。
私は現在 非常勤講師をしていますが
両親が脳梗塞で倒れ介護しながら
ネツトで副業をしていますが売り上げが40万ぐらいに
なってきました。
申告をしなければとおもうのですが
両親にお金がかかり申告していません
会社設立を考えていますが
設立前の分は税務署にわかってしまうのでしょうか

ごますけ | 2012年5月26日 19:06

コメントありがとうございます。

税務調査が入ったら当然わかってしまうと思います。
また、月間の売上(利益?)が40万円なら申告必須のレベルです。

しかし、年間の売上が40万円程度なら、経費を考えると無申告の範囲で収まるのではないかと思います。
本業以外の利益は、年間20万円までは申告不要とされています。

税務署員ではないので明確にはお答えできませんが参考程度に。

わからないことがあれば直接税務署に電話してみるといいですよ。別に名乗る必要はありませんから、電話したからといって税務署員がやってくる心配もありませんし。

管理人 | 2012年5月27日 00:43

”しかし現在は、自分が成長することで、自分の周りにいる人や、自分に関わった人を少しでも幸せにできる仕事がしたいと感じています。”

あなたのコメントにとても共感が持てます。その前向きな姿勢、
応援します!!

中山 | 2012年6月 1日 00:54

”しかし現在は、自分が成長することで、自分の周りにいる人や、自分に関わった人を少しでも幸せにできる仕事がしたいと感じています。”

あなたのコメントにとても共感が持てます。その前向きな姿勢、
応援します!!

中山 | 2012年6月 1日 01:07

こんにちわ。
最近このブログを見つけてちょくちょく見させて頂いています。

●質問●
明らかに個人で所得税の方が安いし十分なのですが
親や他人の目を気にしてしまい法人設立を考えています。

このような動機について実体験なんかを教えてくださるとうれしいです。
暇なときにでも返信またはブログの記事にしてください。

いきなりですいません。
大地 | 2012年6月 2日 06:45

>大地さん
法人にすると毎年の維持費がかかったり、税務処理がややこしくなったり、社会保険料が高くなるなどのデメリットがあります。

今後、現在よりもさらなる増収を見込んでいたり、法人としか取引してくれない会社がある、会社を作って事業を拡大したいといった理由があれば会社を作るのもありだと思います。

しかし、周りの目を気にするというのが理由で会社を作ってしまうと、結局無駄なコストがかかるだけで、会社設立が自分の首を閉めてしまうことになり、万が一の時に廃業を早めてしまう原因になってしまうかもしれません。

会社設立によって増えるコストが、「周りの目」から感じる心理コストに見合うかどうかですよね。

ネットで探すとわかるのですが、会社を作ったはいいものの、税務処理や保険料に押しつぶされて倒産したケースや、法人化をして「失敗した。」と感じている人も少なくないようです。

会社設立が、周りの目を気にした「見栄」になっていないかどうかを、もう一度慎重に検討することをおすすめします。
一度法人にしてしまうと、再び個人に戻すのは手続き上ややこしいらしいですし。

個人的には、個人事業でも全然カッコイイと思いますし、引け目を感じることはないと思いますよ^^

管理人 | 2012年6月 2日 12:08

>>管理人様

返信ありがとうございます。
確かにおっしゃる通りで。

自分は変にプライドが高い所があるので(^_^;)
いろいろ調べて納得いく道を見つけたいです。

これからもちょくちょくブログやTwitterを覗かせて頂きます。
また相談に乗っていただけると嬉しいです。

応援してます。

大地 | 2012年6月 3日 04:15

はじめまして。
独立を目指して、貯金と、勉強、準備をしてはや半年。
ホームページを見つけてコメントさせていただきました。

コーヒー豆の小売で開業しようと思っているのですが
季節によっての売り上げの変動は加味せずに、開業時期は
何月がいいのでしょうか?税金の面などで調べていますが
イマイチピンときません。アドバイスいただけませんでしょうか。
よろしくお願いします。

カラテマン | 2012年6月21日 10:09

はじめまして。

「起業」というキーワードでこちらのブログに辿り着き、内容を
拝見させて頂きました。どの記事も心のこもった、誠実な内容だと
感じました。とても元気づけられました。管理人様の「志」は
本当に素晴らしいと思います。そして何故か、親近感を感じま
した。

私はアラフォー世代の普通の会社員ですが、かつて営業職をして
いた頃に人間不信に陥り、精神的にどん底を経験しました。

結婚している身でありながら、3年もの間、自宅に引きこもって
いました。生活費は妻がパートに出て稼いでくれたお金と、
お恥ずかしいですが、親の援助で暮らしていました。
しかも、当時、多額の借金も背負っていました。これは生きて
いく為に背負ったものでしたが、どんどん膨らんで総額600万に
もなっていました。今では思い出したくない経験ですが、
それでも何とか自力で立ち直り、現在の会社に入社、6年になり
ます。そして2年ほど前に借金を全て完遂しました。

こういう経緯があるからなのか、管理人様の苦労、文章の間に
ある行間、その中に込められた思いが伝わってきて、
よく頑張っているなぁ、素晴らしいなぁ、と思ったのです。

現在の会社にいわば拾われた私も、今は起業することを考えて
います。それは管理人様と同じく、誰かの為に役に立てることが
あるなら、事業を通じて貢献したいと思ったからです。

今の日本は管理人様のような方が、大いに必要だと思います。
自分のことをカミングアウト出来るなんて、本当に勇気の要る
ことですよね。会社を立ち上げ、その経験を包み隠すことなく、
公表してくださるからこそ、私を含め、多くの方たちは貴重な
情報を得ることが出来ています。

これからちょくちょくブログを拝見したいと思います。
宜しくお願い致します。

※いきなり長文にて大変失礼しました。

mr.big | 2012年9月 9日 02:47

はじめまして。

個人事業主のことで、ネット検索をしていた時に、こちらのブログを見つけました。

個人事業主になることで、モチベーションアップするなんて、素晴らしいですね。

私は、自宅でやりたい仕事があり、まずは個人事業主になろうと思っています。
ですが、まだお客様は一人もおらず、収入もゼロです。このような状態でも、個人事業主にはなれますか?

教えていただけると、うれしいです。
sayo | 2012年9月11日 12:04

どうも初めまして。僕は今オーストラリアでワーキングホリデーをしています。そろそろ一年がたち、セカンドビザを取って二年目にはいります。

 僕もニートをやっていました。面接に行くのが怖くて一人暮らしをしていた時はリゾートバイトにいっては次のスキーシーズンまで交通誘導員をしていて・・・とうとう履歴書の応募動機がかけなくなり、実家へ引き上げてニートをしていました。そのときはせどりをしていてつき7万くらいは稼いでいましたが、仕入れのお金がつき、やめました。

 今は何とかお金を作り、ちょっと親にも援助をしてもらいオーストラリアに来ています.

英語の資格を取って高い時給の仕事に就くことが目的ですが、腹のそこでは履歴書を書くことにすごく恐怖を覚えています。

 帰国後はやはり雇われない道を探したいです。

ニートの時は親の視線、母親の愛情が僕の首を絞めていき、辛かったです。

僕も28歳です。具体的なものは見えませんが、個人事業主はやはり頭から離れません・
帰国後が本当に怖いです。
このブログヲ見つけたことはすごく勇気になっています。ブログのURLや実際にどういう風に事業にしていったのか、その経緯を知りたいです。話せる限りで結構です。
 ちょくちょくチェックはします。では失礼します

名無しさん | 2012年9月22日 19:35

はじめまして。

私も個人事業主として、生計を成り立たせて行きたいと思い、川原様のブログに辿りつきました。今年、諸事情で会社を辞めることになり勢いでの起業に近い状態です。

オンラインビジネスで成功したいと思っています、
現在事業案を考えている最中で、まだまだ収入は見込めておりません。

いきなりですが、ブログはワードプレスで構築なさったのですか?

中西大介 | 2013年2月25日 08:35

自分も個人事業主を目指し今どんな事で稼ごうか考えています。自分はまだ会社員ですが、やっぱり男として雇われるのは嫌なので個人事業主なのなりたいのですがパソコンもろくに使えないのでなんか良い稼ぎ方ありませんか?

ひろし | 2013年5月 5日 22:43

 希望が湧く記事ですな。
コメントを見ると反響も凄い。

しかし、これはあくまで、
ネットである程度の収入が作れる人に限定されるでしょう。

ニートや無職から、事業者になりたいと考えている人は多いと思います。
私もその一人です。
しかし、ネットで収入を作り出すことが最も難しいのです。
ブログ主様は高校生のころからネットに親しまれ、数年の積み重ねによりアルバイト並のネット収入を作っています。
サラッと書かれてますが、無収入の人間にはここがネックで障害になります。
たぶんこのブログにたどり着く人の多くが、そんな状態ではないかと・・・
ネットで収入を作り出す方法が知りたい、と考えているはず。
 だからこそ、胡散臭い情報商材がたくさん売買されるのでしょう。
 親の保護により得られた自由な時間を、生産的な行動に費やしてきたブログ主様に敬意を感じました。
 あと羨ましさも・・
 
 
 

ニート→SNEP | 2013年5月16日 06:17

記事読ませて頂きました。

私ゎ、子供が1人います。

今、現在、知り合いの方のペットを
トリマーの資格がありませんが
カットゎ無しの
シャンプー、耳掃除、爪切り、ムダ毛剃り
を、させてもらって、
小型犬なら2000円、中型犬なら3000円と
安くさせて頂いてますが

これって税務署に引っかかりますか?

個人経営の知識ゎ全くなく、
今、あなたの記事を読ませて頂いて
どーなのかな?と思い
投稿いたしました。

まだ20才なのでよくわからず
もしよかったら教えてください。

松尾 | 2013年6月 6日 10:16

記事読ませて頂きました。

私ゎ、子供が1人います。

今、現在、知り合いの方のペットを
トリマーの資格がありませんが
カットゎ無しの
シャンプー、耳掃除、爪切り、ムダ毛剃り
を、させてもらって、
小型犬なら2000円、中型犬なら3000円と
安くさせて頂いてますが

これって税務署に引っかかりますか?

個人経営の知識ゎ全くなく、
今、あなたの記事を読ませて頂いて
どーなのかな?と思い
投稿いたしました。

まだ20才なのでよくわからず
もしよかったら教えてください。

松尾 | 2013年6月 6日 10:20

初めまして。
先月独立した新米です!
とても元気の出る記事に感動しました!

名無しさん | 2013年6月24日 13:30

自分は今ネットで月5万ほど収入を得ています。今年中には月10万ほどをめざしているのですが、来年から青色のほうがよいのでしょうか?
そうなると帳簿をつけないといけないみたいですが、来年一月一日から帳簿付けはじめたほうがいいんですかね?事業届を出すタイミングも来年一月がいいですか?

あらた | 2013年6月26日 19:42

最後まで読んでいただきありがとうございました

Lifeclipを購読

Lifeclipは、FacebookやRSSリーダーで購読できます。
管理人のTwitterやGoogle+でも、ブログの更新情報や気になった情報を配信しています。

follow us in feedly

タグ: / カテゴリ:ダイアリー ,ビジネス ,会社経営・起業

関連記事をもっと読む