Lifeclip

川原裕也(@yuya_q)のブログ

2011年05月19日

朝日新聞デジタルが創刊したのでさっそく購読してみました

朝日新聞

これまで紙媒体だった朝日新聞がそっくりそのままインターネットで読めるようになりました。
日経電子版に続き、朝日新聞が『朝日新聞デジタル』として電子版を創刊しました。

料金は朝日新聞の紙媒体と両方購読で月額1,000円、朝日新聞デジタルのみなら月額3,800円となっています。

直接競合すると思われる日経電子版も、紙媒体との両方購読で実質1,000円、電子版のみだと4,000円なので、朝日新聞デジタルの方が200円安い価格設定です。

7月末まで無料で購読できるので、さっそく登録して使ってみました。

無料期間中にとりあえず購読

創刊記念 無料キャンペーン実施
http://digital.asahi.com/info/information/index.html

創刊記念として、7月31日まで無料購読できます。
無料期間に解約しても料金は発生しませんが、無料期間が過ぎると自動的に課金されるので、お試しで使ってみたい人は7月末までに忘れず解約手続きを行ってください。

私はこれまで一度も朝日新聞を購読したことがないので、今回が初体験です。

iPadで朝日新聞デジタルを読むとカッコいいかも

さっそくiPad版を使ってみましたが、アプリの完成度は結構高くて、モバイル端末での購読者獲得に結構力を入れているんだな~という印象を受けました。

iPadアプリは縦画面専用で、画面スクロールはせずに1ページずつめくっていく仕様になっています。

パラパラめくっていけるので読みやすく、またビジネスマンが電車内でiPad片手に朝日新聞デジタルを購読していると結構カッコいいのではないかというイメージが頭の中に湧きました(笑)

画面の下部に広告が入っている他、5ページ目、10ページ目などの一定の間隔で一面広告が挿入されています。

1.トップページ

朝日新聞デジタル1

iPad版のメイン画面です。(クリックで拡大します)
縦スクロールせず、電子書籍みたいにパラパラめくっていく仕様です。
文字の大きさを変えたり、検索することもできますが、iPad特有のピンチによる拡大はできませんでした。

2.紙面の選択画面

朝日新聞デジタル2

読みたい紙面に一気に移動することもできるのは電子版ならではの機能です。
新聞の裏写りを見ても、こだわって作られていることがわかります。

3.書庫ページ

朝日新聞デジタル3

「書庫」ページ。
スクラップブックや、過去の朝刊・夕刊も閲覧できます。

記事や画面の読み込みに少しだけ時間がかかるため、ややもっさりとした動作をしますが、アプリとしての完成度は高く、満足できるものだと思います。(電車で読むとカッコいいですしね!)

Web版

内容はモバイル版もWeb版も一緒です。

リアルタイムで更新される「24時刊」と、「朝刊」と「You刊(夕刊)」を見ることができます。
会員登録していなくても見出しの閲覧は可能です。

朝日新聞デジタルのホームページはこちら
http://digital.asahi.com/

私は朝日新聞の購読が初めてだったのですが、日経に比べるとやっぱり経済関連の情報が少ない印象を受けました。
その分、社説、スポーツ、地域などのコンテンツは日経より豊富な印象です。

また、日経は長いスクロールが必要ですが、すべての情報を1ページで表示する仕様になっているのに対し、朝日新聞デジタルはスクロールを少なくして紙面ごとにページを切り替えていく仕様です。
これは人によって使い勝手の良し悪しが分かれる点だと思います。

おそらくリアルタイムで情報が更新される「24時刊」ですが、創刊間もないからなのかわかりませんが、日経と比較すると圧倒的に更新頻度は少ないです。
メインとなる無料サイトのasahi.comがあるので、どうしても有料の朝日新聞デジタルの更新頻度は少なくなってしまうのかもしれません。

ページ内に表示される広告の数は、現時点では日経よりも朝日新聞の方が圧倒的に少ないです。(右側に一箇所だけ)
日経の場合は、有料会員ページなのに、こんなに広告張るのかよ。。ってくらい沢山広告が張られてます(笑)

全体的には、ごちゃごちゃしている日経電子版のページよりも、1ページに掲載する情報や広告が少ない分、すっきりとしていて見やすい印象を受けました。

成功するかどうかは微妙・・・

朝日新聞は、無料購読期間が終わる8月より課金を開始し、1年程度で10万人の会員を目指すとしていますが、個人的にはやや厳しい数字なのではないかと思っています。

日経電子版は創刊後1年程度で12、13万人程度の会員を獲得しました。
無料会員が100万人程度なので、有料会員獲得率は結構高いと思いますが、絶対数ではまだまだ少ないのが現状で、ゆるやかではありますが、これからジワジワ増えてくるのではないかと思わせるペースで伸びています。

朝日新聞も日経と同じペースでの増加を見込んでいるようですが、日経と朝日ではいくつかの違いがあります。

ユーザー属性が違う

そもそも、日経新聞と朝日新聞では購読しているユーザー属性に違いがあります。
正確に調べたわけではないのでイメージだけで書きますが、日経新聞は主に経営者や管理職などの高属性の方々を含めたビジネスマンを中心に購読者を獲得しているイメージです。

ビジネスマンは日経を購読!という雰囲気がありますし、『日本経済新聞』というだけあって、経済関連の情報に強いのが特徴です。

対して、朝日新聞はもっと幅広い属性の大衆向けの新聞であるというイメージです。

どちらが勝っていて、どちらが劣っているということではありませんが、おそらくお金を落としてくれやすいのは日経のユーザー層であると思います。

また、電子版の特徴として、Webで読める、iPhone、iPad、Android端末で読める。というものがありますが、これらスマートフォン、スマートパッドの普及率もビジネスマンのようにバリバリ仕事をしている方々の方が高いでしょう。

これらのことから、朝日新聞デジタルは日経電子版に比べて有料会員を獲得しにくい状況にあるといえそうです。

asahi.comと喰いあう可能性がある

日経電子版は、メインサイトを一気に半有料化することでスタートしました。
これまで無料で読めていた情報が、一部有料化されてしまい、当時は批判も出ていたと記憶しています。

お金を払って有料会員になってくれたら朝刊・夕刊もネットで読めるし、その他の有料会員だけのニュースも含めて全部読めますよ。というスタンスです。

対して朝日新聞はこれまで無料のニュースサイトとして提供してきたasahi.comはそのまま継続し、朝日新聞デジタルはあくまで「24時刊、朝刊、YOU刊」に絞って有料会員に提供しています。

これに加えて、記事のスクラップ機能であったり、iPhone、iPad、Androidなどでも購読できる点に付加価値を付けて販売しているのが現状です。

しかし、asahi.comを見ればある程度無料で読める情報を、わざわざ3,800円の購読料を支払って読みたいと考える人がいるのでしょうか。

まだまだ試験的に運用している部分も多いと思いますが、無料サイトを一気に有料サイトに変えてしまった日経に比べると、朝日新聞デジタルはやはり会員獲得に苦労するのではないかと思います。

これらの理由から朝日新聞デジタルの1年目の有料会員獲得数はざっくりと試算の半分となる5万人程度と予想してみます。

5月20日追記:
なんか創刊1週間も経たないうちに、朝日デジタルの会員が1万人を突破したみたいですヽ(・_・;ノ
現在無料で提供しているからというのもありますが、出だしは快調のようですね。
早くも私の予想は外れそうな感じです><

この記事へのコメント

この記事では、以下のコメントをいただきました。
(現在はコメント欄は閉鎖しています。)

コメント件数 [1件]

デジタルだろうがアナログだろうが、日本をゴミのように扱う朝日のような新聞は読む価値なし。

tryagain | 2012年7月29日 15:14

最後まで読んでいただきありがとうございました

Lifeclipを購読

Lifeclipは、FacebookやRSSリーダーで購読できます。
管理人のTwitterやGoogle+でも、ブログの更新情報や気になった情報を配信しています。

follow us in feedly

タグ: / カテゴリ:ニュース

関連記事をもっと読む