Lifeclip

川原裕也(@yuya_q)のブログ

2011年11月28日

結婚祝いに「ダイソン hot+cool」をプレゼントした話

ダイソン hot+cool

結婚祝いに何を贈ろうか?
ずっと考えていたのですが、『ダイソン hot+cool AM04』をプレゼントすることに決めました。

私が『羽根のない扇風機』として話題のhot+coolをなぜ選んだのか?
そんな理由を書いていきたいと思います。

結婚祝いにdyson hot+coolをお勧めする理由

一台で扇風機とファンヒーターが使えます

hot+cool

hot+coolは一台で扇風機、ファンヒーターの両方が使えます。
結婚して新居に引っ越す場合、家具や食器類、白物家電の購入が先行しがちです。

冬季しか使わないファンヒーターの購入は後回しになる可能性が高いですし、12月の結婚なのに、入居時に扇風機を買う人はいないでしょう。

同じく、8月の結婚でヒーターを買う人もいないので、一台二役のhot+coolは結婚祝いや引越し祝いにもってこいです。

hot+coolなら冬はヒーター、夏は扇風機として使えるので、きっと一年中使ってもらえるはずです。

省スペースかつインテリアとしても使えるデザイン

省スペース設計

新婚の時は、まず最初に安くて狭いアパートを借りる家庭も多いと思います。
羽根のない扇風機』は、見たとおり省スペース設計なので、狭い部屋でも場所を取りません。

また、インテリアとしても活躍する目をひくデザインも、ダイソン社ならではです。

来客時の話のネタになる

話題性

結婚して新居に引っ越すと、友人知人が訪れることも多いと思います。

また、新しい出会いもあります。
仲良くなったご近所さんを自宅へ招くこともあるでしょう。

目をひくデザイン、そして話題性のあるhot+coolなら、きっと話のネタになるはずです。

子どもにも安心の安全設計

子どもにも安心

hot+coolは、ファンヒーターとして使っても本体はあまり熱を持ちません。
扇風機として使っても羽根がないので安全です。

結婚すると子どもを持つ家庭は少なくありません。
hot+coolなら「ヒーターによるやけど」、「扇風機の羽根に指を入れてケガをする」という危険性がなくなります。

結論

結婚祝いに「ダイソン hot+cool」を贈ると…

  • ヒーターと扇風機の一台二役で年中使える
  • 省スペース設計で場所を取らない。インテリアにも使えるデザイン
  • 話題性のある製品は、間違いなく話のネタになる
  • 子どもを持つ家庭でも安心して利用できる

新婚さんへのプレゼントにこんなええ製品は他にないやろ…

ということで私は結婚祝いにhot+coolを選んだのでした。

ただし値段が高い

ただ、定価が57,000円で結構高いです。。。

ちなみに、並行輸入品なら399ドルで買えるようです。
最近は円高なので、自分で使うのであれば並行輸入を買ったほうがいいかもしれません。

今回は大切な人への贈り物だったので、私は正規品を買いました。

とにかく在庫がない

話題の製品なので、とにかくどこを探しても在庫がないです。。。

在庫切れはいずれ落ち着くと思いますが、今回購入したモデル「AM04」は発売したばかりの製品です。
再入荷してもすぐに完売してしまう可能性があります。

プレゼントとして贈る場合、「贈る時期とタイミング」が大切なポイントになります。
hot+coolをプレゼントとして検討している方は、早めに商品を確保しておきましょう。

大切な人への贈り物に

プレゼントって結構迷いますよね。
デザインやブランドを重視したものを選ぶのか、それとも実用性のある使えるものを選ぶのか。

ダイソン社では、「デザイナー」と「エンジニア」の区別がないそうです。
技術者が「実用的に使える物を追求した結果、あのような奇抜な形のデザインになった。
というのがダイソンの製品なんだそうです。

実用的に使えるもので、かつデザインとブランドを兼ね備えたダイソン社の製品。
贈り物にもピッタリだと思いませんか?

この記事へのコメント

この記事では、以下のコメントをいただきました。
(現在はコメント欄は閉鎖しています。)

コメント件数 [2件]

確かにコレは貰ったら嬉しい!!

しおこんぶ | 2011年11月28日 14:23

コメントありがとうございます。

少し高いのが難点ですが、結婚祝いなら友人と共同で購入するという手もありますし、色々なシチュエーションで使えると思います^^

管理人 | 2011年11月28日 18:46

最後まで読んでいただきありがとうございました

Lifeclipを購読

Lifeclipは、FacebookやRSSリーダーで購読できます。
管理人のTwitterやGoogle+でも、ブログの更新情報や気になった情報を配信しています。

follow us in feedly

タグ: / カテゴリ:ダイアリー

関連記事をもっと読む