Lifeclip

川原裕也(@yuya_q)のブログ

2012年03月13日

人に選ばれるロゴマークの作り方

株式会社クートン

この画像は、株式会社クートンのロゴマークです。
このロゴマークは、仕事マーケットプレイス Lancersでコンペ形式での募集をおこない、作ってもらいました。

コンペ形式なので、たくさんのデザイナーの方がロゴマークを作って応募してくれます。
その中から一番良かったものを選び、デザイナーの方に報酬を支払うシステムです。

依頼金額は2万円~8万5千円です。
金額が大きいほどデザイナーの報酬も高くなるので、クオリティの高い募集がたくさん提案される仕組みです。
今回ははじめての依頼だったので、3万5千円のスタンダードプランを選択しました。

ロゴマーク制作の募集は、年末にもかかわらず100件近い応募をいただきました。
100件近いロゴマークの提案を受ける中で、どのようなロゴマークが人に選ばれるのか、依頼者目線でいろいろと思う部分があったのでまとめておきます。

ロゴマークは一度見て覚えられるものでなければならない

ロゴマークは一度見て覚えられるものでなければなりません。
どんなロゴが一度見て覚えられるのかというと

  • ド派手でインパクトのあるもの
  • シンプルなもの
  • 説得力のあるもの

このあたりに集約されてきます。

弊社のロゴマークの場合だと「Q」の文字がマウスポインタを表しており、「T」が大文字になっているという点を覚えてくだされば、誰でも簡単に鉛筆を使って紙に書くことができるはずです。

なぜそのようなデザインにしたのかという理由付け

なぜそのようなデザインに至ったのか?
明確なコンセプトがあると選びやすいです。

このあたりはさすがデザイナーさんだと思いました。
「クートン(Qooton)」という文字を実に色々な切り口から見て提案をしていただきました。

デザイナーさんには、まず最初に社名のコンセプトとして、以下の2つを提示しておきました。

  • Web系の会社だということ
  • 企業コンセプトは「明るい未来を想像する」であること

すると、自分自身でも思いついたものから、私では想像もしないような斬新なアイデアまで様々なコンセプトの提案があり、これらのアイデアをいただけただけでも3万5千円の価値があったと思っています。

実際に提案を受けたコンセプトの一部をまとめます。

  • 「Q」の文字を虫眼鏡に見立てる(虫眼鏡はIT業界で「検索」を意味します)
  • 「Q」の文字の飛び出している部分を未来への架け橋へと見立てた
  • 「Q」の文字をPCなどの電源マークに見立てた
  • 「Q」の文字の飛び出している部分をマウスポインタに見立てた

などなど

しかし中には、企業コンセプトと無関係な提案もいただきました。
「Qooton」という文字列は「◯」がとても多いです。
今回提案をいただいた中には、この「◯」を蜂の巣に見立ててミツバチの絵を書いたものがありました。
大変可愛らしくてユニークだったのですが、「なんでミツバチw なんの関係があるの?」ってなっちゃいますw

また、発想はできるだけ他のデザイナーと被っていない斬新なものがいいと思います。

社名が読めないロゴはNG

提案を受けたデザインの中で、「Qooton」という文字が読めないロゴがありました。
例えば「Qootan」に見えたり。。。

企業ロゴは読めてナンボですので、読み方を誤認するようなデザインは即NGになってしまいます。

複数のカラーパターンを提案してくれるとよい

私はデザインの知識が一切ない素人です。
Lancersではあらかじめ、どのような雰囲気でどのようなカラーのロゴを希望するか、おおまかなイメージを設定した上でコンペを行います。
しかし、しょせん素人なので明確なイメージなどあってないようなものです。

赤いロゴにしたいな~と思っていても、黄色でカッコイイロゴを提案されるとそっちになびいたり。。。

なので、ロゴのデザインに加えて、複数のカラーパターンを提案してくれると選びやすいです。

当選ロゴに決めた理由

最終的に、Lancersで活躍しているtoto046さんに提案いただいたロゴに決めました。
toto046さんは、クオリティの高いロゴマークをたくさん制作している人気のデザイナーさんです。
Lancersでの実績を見ても、数々のコンペを勝ち抜いている実力派です。

私が、そんな彼女のロゴマークを選んだ理由は

  • 全93作品の応募の中から2番目の応募で、最も印象が強かった
  • 最もシンプルで洗練されたスタイリッシュなロゴだった
  • 複数のカラーパターンを提示してくれた
  • 「Q」のの文字の飛び出している部分をマウスポインタに見立てた
  • デザインを重視し、「Qooton」の「t」を大文字にして応募してきた彼女の自信と哲学

「Q」の文字をマウスポインタに見立てるアイデアは、一見思いつきそうな感じですが、他作品で同じコンセプトのものはありませんでした。

そして、「T」を大文字にしてくれなど一切言っていないのに、デザインを重視して「QooTon」として提案してきたこと。
もちろん、「T」だけが大文字になったロゴマークなど、他に提案してきた人はいませんでした。

また、toto046さんは当選確定後のファイル素材納品作業の対応もとてもよかったです。

以上です。
この記事が、コンペに応募するデザイナーの方、これから企業ロゴを作成しようと考えている方の参考になれば幸いです。

→ビジネスの相談 お気軽にどうぞ

最後まで読んでいただきありがとうございました

Lifeclipを購読

Lifeclipは、FacebookやRSSリーダーで購読できます。
管理人のTwitterやGoogle+でも、ブログの更新情報や気になった情報を配信しています。

follow us in feedly

タグ: / カテゴリ:ダイアリー

関連記事をもっと読む