Lifeclip

川原裕也(@yuya_q)のブログ

2014年05月05日

LINEへの課金でイケメンに、5%の勝ち組だけが知っている「穴」とは?

ネットサービス

今日は、ネットサービスに気軽に課金する人がもっと増えたらいいのにな。というお話です。
私が今日お伝えしたいことは5つです。

先日、Twitterでこんなつぶやきをみかけました。

LINEの有料スタンプを購入したことがある人は約30%。
7割の人が一度もスタンプを買ったことがないとのことです。

無料で提供されているネットサービスは多くの場合、「広告収入」によってまかなわれているか、「5%の有料会員」が支えています。

いくつか事例をあげてみます。
有名なネットサービスの課金率(購入率)を見てみると、

■無料会員+つど課金
パズドラ:35.9%
LINE(有料スタンプ):29.6%

■無料会員+月額有料課金
ニコニコ動画:5.7%(PDF)
Evernote:4%

■未登録会員+月額有料課金
クックパッド:2.9%(PDF)
食べログ:0.6%(PDF)
※クックパッドと食べログは未登録会員でも利用できるサービスなので、月間利用者数に対する有料課金者の割合を掲載。

各社、提供サービスや金額によってまちまちですが、「基本無料で一部の人からお金をもらう」という点で共通しています。

ネットサービスの有料課金がアツい理由

上記のつぶやきを見て、私はこうツイートしました。

「ネットサービスは5%のユーザーが支えている」と聞けば「課金とかしてる5%の人たちってアホだね」とか、「無料で使えるのになんでわざわざお金払うのw」って思う人が多いと思います。(先ほどのデータによれば約7割以上の人がそう思っているってことです)

しかし、私の意見を言うと、この部分こそが「一部の人だけが知っている「穴」」だったりします。
実はネットサービスへの課金はかなり美味しいです。

なぜなら、多くの人が無料で使っているサービスを、ほんのわずかなお金を払うだけで、より優位に使えるからです。

有料会員比率を1%上げるだけで、ネット企業にとっては大きな利益となります。
大きな利益を上げるために、企業はお金を払ってもいいと思わせるぐらい満足度の高いサービスを提供します。

しかし、私たち1人1人が支払うお金は、月々数百円と、ほんのわずかな金額です。(もちろん、毎月数十万円など「ゲーム課金廃人」になってしまうのは要注意ですが。。)

えっ、たったこれだけのお金でこんなサービスを受けちゃっていいんですか??」という状態なのに、「ネットへの課金は怖い」、「無料で使えるのに」といった「壁」を、多くの人が作ってしまっているように思います。

個人的には、ネットサービスへの課金がもっともっと一般的になればいいのになって思います。

LINEスタンプを使った課金事例

ネット課金の一例として、私は以前から「LINEの有料スタンプ購入」をおすすめしています。

特に「LINEの有料スタンプをプレゼントできる機能」を活用すると、イケメンになれます。LINEスタンプを使った事例があったので、その時のやりとりを紹介します。

このアザラシは、なんのキャラクターなのか知らないのですが、LINEで買った有料スタンプです。

LINEのやりとり1

LINEのやりとり2

LINEのやりとり3

LINEのやりとり4

とまぁ、めちゃくちゃ恥ずかしいメールのやりとりを公開してみたわけですが、旬のLINEスタンプをプレゼントすると、喜んでもらえるケースが多いです。

スタンプは1個たったの200円

Twitterでも過去に何度かLINEの有料スタンプについてつぶやいています。
これだけネタバレしちゃうとプライベートでもツッコまれそうなので、ちょっと恥ずかしいですが。。

  • 気になる女の子へ
  • 友だちの大切な日に
  • 親が子どもへのプレゼントに
  • 子どもから親へ

ちょっとした感謝の気持ちを伝えたい時のプレゼントとして、たった200円の有料スタンプはとても使えます。

今回はLINEの有料スタンプを事例として紹介しましたが、このように、ネットサービスへの有料課金は「コストパフォーマンスが高い」ことが多いです。

私が課金しているネットサービス

私自身もネットサービスには積極的にお金を使っています。
ここでは、私が実際に活用している有料課金サービスを紹介します。

ニコニコ動画
たまにニコニコ生放送をやっているので、その流れでプレミアム会員になっています。
人気の番組もスムーズに視聴できるので月額500円以上の価値はあるかと。

iTunes Match(新サービス)
iTunesを使ってパソコンに取り込んだ音楽を、ネットからダウンロードして聞けます。
つまり、iPhoneでもiPadでも、一度取り込んだ曲は、本体容量を気にせずいつでも聞くことができるようになります。
極めつけは、TSUTAYAで借りてきて取り込んだ「低音質」の音楽も、iTunes Matchを使えば「高音質」で聞けるようになるというマジックがあります。

Yahoo!プレミアム会員
しばらくオークションをしていませんでしたが、たまに売りたいものが出てくるので再開しました。

Googleドライブ
いわゆるオンラインストレージです。仕事で使うので、ファイルの管理などに使っています。

テレビ東京ビジネスオンデマンド
私はテレビをまったく見ないのですが、テレビ東京のビジネス番組だけは見たいので登録しています。モーニングサテライトが放送している時間は寝ているので、起きてからネットで視聴しています。大江さんがモーサテ卒業して寂しいです。

Lang-8
外国語で書いた日記を外国人が添削してくれる「外国語学習SNS」です。
例えば、アメリカ人がわけのわからない日本語で書いた日記を、自分が添削してあげます。
逆に、自分がわけのわからない英語で書いた日記を、外国人が添削してくれます。
有料会員になると、添削してもらえる確率が上がります。
時間の都合上、人の日記を添削してあげる余裕がないので、お金を払うことによって「人の添削をしてあげなくても、自分の書いた日記だけ、多くの人に添削してもらえる」という状況を作っています。まさに有料会員ならではの「コストパフォーマンスが高い優位性」だと感じます。

■iPhoneアプリ
有料・無料は気にせずアプリを購入するようにしています。

■電子書籍
本は基本的に電子書籍で買うようにしています。
部屋に場所を取りません、一度買った本はずっとなくなりません、新品より少し安いです。
最近更新できてないですが、電子書籍リーダー比較Webというサイトで、電子書籍の魅力を紹介しています。

Amazonクラウドドライブ
100GB近くある音楽ファイルのバックアップに使っていましたが、iTunes Matchが登場したので解約を考えています。

LINE電話(新サービス)
LINEの新しいサービスです。
固定電話に3円 / 分、携帯電話に14円 / 分で電話できます。
携帯電話にかけるときは、LINEの無料通話が活用できますが、居酒屋や美容室の予約など、固定電話への発信に使うことで、電話代を大きく削減できそうです。
まだ使っていませんが、とりあえず100円分のコールクレジットを買ってみました。

追伸

ということで、「ネットサービスを使いこなすイケてるリア充」みたいな記事となってしまいましたが、最後にちょっとまじめな話を。

リア充とは程遠いのですが、今年のゴールデンウィークはずっと引きこもって、私の会社、株式会社クートンの今後について考えていました。で、自分は何がしたいのか、何をやっていくべきなのかを真剣に考えた結果、出た答えの一つがこれでした。

インターネットの力を使ってライフスタイルを変えていく。

1.良いと思ったものの魅力をわかりやすく伝える
2.ITとと技術発展によって生まれた「便利」を広める

上記2つによって新しいライフススタイルを提案し、情報コンテンツを通じて、人々がより生活しやすい環境を手に入れられるように支援する。

残念ながら私は、インターネットの力を使ってライフスタイルを変えていけるような「技術」はもっていないので、ネットサービスを中心に、自分が良いと思ったものの「魅力」や「使い方」をブログや情報サイトを通じてお伝えしていきたいなと。

これまでも、クートンでは「ネット婚活」や「ネット銀行」、「ネットスーパー」のサイトをリリースしています。実際に自分でも使っていますし、便利なサービスばかりです。

より便利な生活をクートンと一緒に」を新たなキーワードとして、「こんなサービス便利だよ」、「こうするとよりお得だよ」ってのを、多くの人に伝えていきたいなと。

今回のブログ記事も、「ネット課金って実はこんなに便利だよ」、「こんな使い方があるよ」といった事例を紹介する一環で書きました。

会社のFacebookTwitterでも、今後は自社運営サイト、他社サイトを問わずに、自分たちが良いなと思った情報を流していきたいと考えています。(いまのところ全然手がついてませんが、言い訳しても仕方ないんで頑張ります)

→ビジネスの相談 お気軽にどうぞ

最後まで読んでいただきありがとうございました

Lifeclipを購読

Lifeclipは、FacebookやRSSリーダーで購読できます。
管理人のTwitterやGoogle+でも、ブログの更新情報や気になった情報を配信しています。

follow us in feedly

タグ: / カテゴリ:IT ,ダイアリー

関連記事をもっと読む